2010年03月17日

<のど詰まり>食品安全委が提言見送りへ(毎日新聞)

 のどに詰まらせる事故の多い食品の安全性を審議していた国の食品安全委員会の作業班は10日、予定していた事故を減らすための提言のとりまとめを見送った。委員間で意見の違いが大きかったためで、リスク評価を踏まえた具体的な対策は消費者庁にゆだねる方針だ。

 作業班は1月、こんにゃくゼリーについて「一口あたりの窒息事故頻度は、あめ類と同程度と推測する」とのリスク評価書案をまとめ、今回の審議で別途、提言を出す予定だった。しかし委員からは再発防止のための規制を求める一方、「逆に規制は困難」など幅広い意見が出され、提言にまとめることを断念した。委員の意見は個別に消費者庁に伝える。

【関連ニュース】
厚労省:薬害防止へ監視組織…有識者会議提言、設置準備へ
阪神百貨店:イチゴ産地をウェブ中継 梅田本店
クローン食品は大丈夫?/1 クローン家畜が生まれている
厚労省:薬害防止へ監視組織 有識者会議提言、設置準備へ
中国製ギョーザ中毒:発覚2年 日中、覚書交換へ 閣僚級定期協議/製造現場立ち入り

<公然わいせつ>容疑の税務署員逮捕 福岡(毎日新聞)
鳩山邦夫氏、自民執行部に冷や水 「強力野党」見切り発車(産経新聞)
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ−消費者庁(時事通信)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)
国民的アイドル、影響大…ペコちゃん盗に求刑3年(読売新聞)
posted by ドヒ マサノリ at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

裁判員裁判 「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)

 鳥取地裁で2日に判決があった鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件の裁判員裁判で、裁判員を務めた30代の会社員男性が毎日新聞の取材に応じた。被害者が2人のため、裁判員裁判で初めて死刑求刑の可能性があったが、求刑は無期懲役。判決も同じだった。男性は「裁判から離れた今、遺族、被告それぞれの立場を考えると胸が締め付けられる」と複雑な心境を吐露した。

 男性は選任前、「不安しかなかった」と振り返る。だが、実際に法廷に出て、報道では知り得なかった証拠や資料などに目を通し、被告や遺族の話を聞いた後は、「『もし死刑が求刑されたら』とかいったん迷いが出たら、裁判員の責務が果たせない」と覚悟ができたという。「被告の立場を理解したうえで、遺族の悲しい気持ちも分かった。でも、それにとらわれすぎると迷いが出る。公判を重ねるうちに、すべてを公平に見ようと思うようになった」と話す。

 延べ3日間の評議では、裁判員同士で量刑に関する疑問などを打ち明け、裁判長に質問するなどしたという。

 裁判終了後、地裁から、心のケアのための相談電話の番号が書かれた紙を渡された。男性は「自分には必要ない」としながらも、「裁判員によっては、1人の生を終わらせてしまうかもしれないことに、恐怖を感じていたかもしれない」と思いやった。【宇多川はるか】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件
裁判員裁判:強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁
裁判員裁判:裏切られた 保護観察中に窃盗、実刑に
裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件
サンデーらいぶらりぃ:小林 照幸・評『死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの』堀川惠子・著

「最低保障年金」を柱、参院選向け新制度議論(読売新聞)
鳩山首相 「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす(毎日新聞)
被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)
児童ポルノ流出 開業医逮捕(産経新聞)
<訃報>鈴木成文さん82歳=元神戸芸術工科大学長(毎日新聞)
posted by ドヒ マサノリ at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

<学力テスト>7割で実施へ 全国小中学校(毎日新聞)

 文部科学省は4日、10年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が、全国の国公私立小中学校の73.2%で実施されると発表した。小学校の実施率は72.4%、中学校は74.7%。秋田、石川など11県は全公立小中学校で実施される。

 学力テストは昨秋の政権交代による無駄の洗い出しで、小6と中3の全員対象方式から約3割の抽出調査に変更されたが、学校設置者の希望で文科省が問題を提供し設置者による独自の採点、集計もできるようになった。

 文科省が全国の教育委員会に希望利用などを調べたところ、99.9%が回答。小学校は国公私立2万1681校のうち、文科省による抽出調査校5459校(抽出率25.2%)に加えて1万234校が提供を求めた。中学校は1万978校のうち、抽出調査対象4541校(抽出率は41.4%)に加えて3657校が希望した。

 秋田、石川、和歌山、山口、高知、福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島県は公立小中学校で実施率100%。実施率が低い愛知、神奈川県について、文科省は「県独自に学力把握の工夫を重ねているため」とみる。

 学力テストは4月20日に小6、中3を対象に国語、算数・数学について行われる。【本橋和夫】

【関連ニュース】
質問なるほドリ:学力テストの抽出サンプル調査って?=回答・井上俊樹
宍粟市:独自の学力テスト 小4、小6、中2対象に来年度から /兵庫
学力テスト:県教委、独自実施を検討 全小6・中3対象に /兵庫
高校入試:公立高入試問題 基礎学力、今年も重視 前期に2万7972人受験 /大阪
全国学力テスト:任意参加は23市町村 県内全自治体の3割 費用負担重く /埼玉

ネパールPKO、4カ月延長(時事通信)
普天間返還後も国が管理 有事の際に米軍利用可能に(産経新聞)
故意にぶつかり→壊れた携帯落とす→修理代払え(読売新聞)
通学マナーや法令順守…大学生に「常識」指導(読売新聞)
<掘り出しニュース>人工アイスワイン、フルーティーで極甘 きょう発売(毎日新聞)
posted by ドヒ マサノリ at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。