2010年04月21日

「老老介護」5324人、「孤立」2734人―東京都世田谷区が高齢者の実態調査(医療介護CBニュース)

 東京都世田谷区はこのほど、「全高齢者の実態把握調査」の結果を発表した。それによると、区内では高齢者同士で介護をする「老老介護」が5324人、独居で家族や近隣との接点がない孤立した高齢者が2734人いることが分かった。同区では今回の調査結果を来年度の高齢者支援施策などに反映させる考え。

 調査は高齢者の生活実態と需要を把握し、支援が必要な高齢者への訪問や来年度以降の区の施策への反映を目的に実施。これにより、区内で生活する10万人強の高齢者の生活実態が初めて明らかになった。

 それによると、区内の高齢者の約7割が健康な状態にあり、約2割が病気などで将来の不安を抱える見守りが必要な状態で、約1割が要支援や要介護の認定を受けた介護サービス受給者だった。

 また、老老介護の約半分の2619人が、高齢者夫婦2人だけの世帯で、このうち17.8%が要支援や要介護の認定を受けていることが分かった。

 独居状態にある高齢者は、女性が1万人超で男性が約3000人と、女性が男性を上回った。ただ、家族や近隣との接点がない孤立した高齢者は、女性が1659人と女性の独居世帯全体の約1割、男性が1075人と男性の独居世帯全体の約3割で、男性の方が孤立している割合が高かった。

 区では支援が必要な高齢者への訪問を積極的に行い、各種支援サービスにつなげる方針。「支援が必要な高齢者は想像以上に多かった。区の直接支援だけでは限界があるため、地域ネットワークをいかに活用していくかが今後の課題」(介護予防・地域支援課の渋田景子課長)としており、地域の高齢者の見守り活動を充実させることなどを来年度の施策に盛り込んでいきたい考えだ。

 調査は、昨年7、8月に介護施設などの入居者を除く区内の65歳以上の高齢者約15万人を対象に郵送で実施。約7割の10万3684人から有効回答を得た。


【関連記事】
「自作短歌を掲載」で独居高齢者の被害急増
高齢者の孤独死対策、支援内容の判断基準を策定―栃木県
死と向き合う教育広めたい―孤独死対策活動家の中沢氏
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ

りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
石原都知事 新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)
児童買春容疑で補導員逮捕=女子中生2人にわいせつ行為−警視庁(時事通信)
posted by ドヒ マサノリ at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。