2010年03月17日

<のど詰まり>食品安全委が提言見送りへ(毎日新聞)

 のどに詰まらせる事故の多い食品の安全性を審議していた国の食品安全委員会の作業班は10日、予定していた事故を減らすための提言のとりまとめを見送った。委員間で意見の違いが大きかったためで、リスク評価を踏まえた具体的な対策は消費者庁にゆだねる方針だ。

 作業班は1月、こんにゃくゼリーについて「一口あたりの窒息事故頻度は、あめ類と同程度と推測する」とのリスク評価書案をまとめ、今回の審議で別途、提言を出す予定だった。しかし委員からは再発防止のための規制を求める一方、「逆に規制は困難」など幅広い意見が出され、提言にまとめることを断念した。委員の意見は個別に消費者庁に伝える。

【関連ニュース】
厚労省:薬害防止へ監視組織…有識者会議提言、設置準備へ
阪神百貨店:イチゴ産地をウェブ中継 梅田本店
クローン食品は大丈夫?/1 クローン家畜が生まれている
厚労省:薬害防止へ監視組織 有識者会議提言、設置準備へ
中国製ギョーザ中毒:発覚2年 日中、覚書交換へ 閣僚級定期協議/製造現場立ち入り

<公然わいせつ>容疑の税務署員逮捕 福岡(毎日新聞)
鳩山邦夫氏、自民執行部に冷や水 「強力野党」見切り発車(産経新聞)
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ−消費者庁(時事通信)
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル(医療介護CBニュース)
国民的アイドル、影響大…ペコちゃん盗に求刑3年(読売新聞)
posted by ドヒ マサノリ at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。